「舟唄」八代亜紀

作詞 阿久悠 作曲 浜 圭介

※画面をクリック、またはタップすると開始・停止が行えます

BmAGF#7EmBmG          F#7Bm/  


Bm    A               Bm  

お酒はぬるめの  燗がいい

G   Em                F#7

肴はあぶった  イカでいい

Bm                  F#7

女は無口な  ひとがいい

Em             F#7     Bm  

灯りはぼんやり  灯りゃいい

 

F#7                    Bm  

しみじみ飲めば  しみじみと

Em                    F#7

想い出だけが  行き過ぎる

Bm                    Em  

涙がポロリと  こぼれたら

F#7            Bm  

歌いだすのさ  舟唄を

 

    Bm    Em    Bm    F#7

沖の鴎に深酒させてョ

F#7    Bm   A     G   Em    Bm          F#7

いとしのあの 娘とョ  朝寝  する  ダンチョネ

 

EmBmG      F#7Bm/  


Bm    B♭             Bm  

店には飾  りがないがいい

G     Em              F#7

窓から港が  見えりゃいい

Bm                      F#7

はやりの歌など  なくていい

Em          G7      Bm  

時々霧笛が  鳴ればいい

 

F#7                    Bm    

ほろほろ飲めば  ほろほろと

Em                  F#7    

心がすすり  泣いている

Bm                    Em  

あの頃あの娘を  思ったら

F#7            Bm    /Bm/    

歌いだすのさ  舟唄を

 

F#7                    Bm  

ぽつぽつ飲めば  ぽつぽつと

Em                F#7

未練が胸に  舞い戻る

Bm                      Em  

夜ふけてさびしく  なったなら

F#7            Bm    

歌いだすのさ  舟唄を

 

Bm       /EmBm     ( 2/4 ) /

ルルル ・・・・

 

F#7  Bm    AG    EmBm     ( 2/4 ) /F#7


BmABmBm        


 

 

  • ギターコード一覧
  • ピアノコード一覧
  • ウクレレコード一覧