1. トップページ>
  2. 邦楽>
  3. 一青 窈>
  4. 「パパママ」のギターコード譜

亡き両親への想いが純粋に書き綴られた楽曲 

「パパママ」

一青 窈

作詞 一青窈 作曲 岸谷香

キーを変える
  • Googleブックマーク
  • シェア
  • 「パパママ」を動画で見る
  • 「パパママ」のピアノコードを表示する
※コード名をクリックすると、コードの押さえ方が右側に表示されます。Low/Highポジションの切替可能。

F#F#

    

F# F#augF#6 F#7B BaugB6     Ddim  

      

B♭m7 E♭m7G#m7 C#7onBB♭m7 E♭m7G#m7 C#7(♭9)F# BonF#F#

                  

BM7     C#onB       B♭m7         E♭m7

ママの涙みたの。は たった  の一度だけでした  

BM7       C#onB    B♭m7    Ddim   E♭m7       F#7

よく頑張りましたね 弱音  を吐きま   せん  でしたね  

  EM7             G#onC C#sus4        C#

パパのことを  とても    愛して  いましたね  

 

BM7       C#onB       B♭m7                 E♭m7

もし私が結婚したら 「おめで  とう」と言ってくれますか  

  BM7             C#onB  B♭m7     Ddim   E♭m7   F#7

ねぇパパ、ママと結婚して良かっ  たね     よかっ  たね  

 EM7         G#onC C#sus4      C#

最後のさいごに     仲直り  できたね  

 

   C#m7   F#7    E♭m7 G#m7 C#m7   F#7

神様 も  しい  るのなら  教え  てく  ださい  

  E♭m7       Ddim    C#m7 F#7   E♭m7

なんで    なんで  なんで人  は死  ぬのでしょう  

G#m7   C#m7       F#7  Fm7-5   B♭7

さよ  ならを  ちゃんと  できるように?  

 E♭m7  F#onC# G#onC      G#m7     C#sus4 C#7

誰か  を愛し     てる  こと忘れな  いため?    

 

E♭m7 G#onE♭BonE♭ Bm6onDF#onC# G#onCBm C#F# BonF#F#

            

BM7         C#onB     B♭m7         E♭m7

ママ、電話をかけたら 名前を  呼んでくれますか  

BM7         C#onB     B♭m7       Ddim    E♭m7   F#7

パパ、電話をかけたら 会いた  いって言ってくれま  すか  

 EM7      G#onC    C#sus4      C#

私は会いたいで  す 私はあ  いたいです  

 

   C#m7  F#7    E♭m7 G#m7 C#m7   F#7

神様も  しい  るのなら  教え  てく  ださい  

  E♭m7       Ddim    C#m7 F#7   E♭m7

なんで    なんで  なんで人  は死  ぬのでしょう  

G#m7   C#m7       F#7  Fm7-5   B♭7

さよ  ならを  ちゃんと  できるように  

 E♭m7  F#onC# G#onC      G#m7     C#sus4 C#7

誰か  を愛し     てる  こと忘れな  いため    

 

F# G#onF#BonF# F#E♭m7 G#onE♭Bm6onD C#7

            

F# G#onF#BonF# F#E♭m7 G#onE♭Bm6onD C#7

            

F# G#onF#BonF# F#E♭m7 G#onE♭Bm6onD C#7

            

F# G#onF#BonF# F#E♭m7 G#onE♭Bm6onD C#7

            

F# G#onF#BonF# F#E♭m7 G#onE♭Bm6onD C#7

            

F# G#onF#BonF# F#E♭m7 G#onE♭Bm6onD C#7

            

F# F#7BonF# Bm6onF#F#

      

 

リクエスト曲に寄せられたメッセージ

作詩は一青窈、そして作曲を手掛けたのは岸谷香

PAGE TOP