「過ぎてしまえば」

森田公一とトップギャラン

作詞 阿久 悠 作曲 森田公一

 E♭m/A♭m B♭onF/E♭m D♭/B B♭/E♭m/E♭m/

 E♭m     A♭m B♭
 美しくもなく 豊かでもなく
 B A♭m  B♭ E♭7 A♭m     E♭m  B  
 楽天家でもなく     さりとてぐれてしまうほど
  A♭m  B♭  E♭m
 愚かしく も なく
 E♭       A♭m   D♭       G♭ B♭/
 このままでいいわけないと 固(かた)い林檎を
   E♭m   B     F7   B♭
 サクサクとかじってた 孤独の日々も
    E♭m 
 過ぎてしまえばみな美しい
    D♭     E♭m /E♭m/  
 過ぎてしまえばみな美しい


     E♭m     A♭m B♭
 堕(お)ちて行く夢を 時に 描いて
 B A♭m  B♭ E♭7 A♭m    E♭m  B
 女にも溺れた     不幸が住んでいるような
  A♭m B♭ E♭m
 悲しい 女 に
 E♭        A♭m D♭     G♭ B♭/
 こんなことしてちゃ駄目と 背中合わせの
E♭m  B    F7    B♭ 
 涙声聞きながら 迷った日々も
    E♭m 
 過ぎてしまえばみな美しい
    D♭     E♭m /E♭m/E♭m/A♭m B♭onF/
 過ぎてしまえばみな美しい


 E♭m D♭/B B♭/E♭m/E♭m/

  E♭m  A♭m B♭ B   A♭m  B♭ E♭7/ 
 青春の光 いつも遠くて 影ばかり近いと
 A♭m    E♭m  B  A♭m B♭ E♭m   
 時にはやけを起こしたり 傷つけ 合ったり
 E♭     A♭m    D♭    G♭ B♭/
 これもまた若さのせいと 風に吹かれて  
   E♭m  B     F7    B♭ 
 あてもなく歩いてた さびしい日々も
    E♭m 
※過ぎてしまえばみな美しい
    D♭     E♭m  
 過ぎてしまえばみな美しい


      /B/E♭m
※Ref.
「過ぎてしまえば」の自動スクロール付きコード譜に戻る
PAGE TOP